So-net無料ブログ作成
検索選択

小林秀雄の言葉 ( その44 ) [小林秀雄]

 僕等が自分達の性格に関する他人の評言が気に食わぬのは、 自分を一番よく知っているのは自分だという自惚れに依るのでは恐らくないだろう、 凡そ性格に関するはっきりした定義を恐れているのだ。 自分はどの様な人間にせよかくかくの人間だとどうしようもなく決められるその事を、 人性は何にもまして好まないのである。 僕等は他人の性格に関しては、 はっきりした知識を持った気でいる事が便利だが、自分白身の性格に関しては不得要領に構えているのが便利である。 いや便利と言うより、 己れの何物たるかをはっきりとは合点出来ない事が、 僕等の生きるに必要な条件かも知れない。   「 山本有三の 『 真実一路』 を廻って 」 10-二二八 (人生の鍛錬 P.68)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大きめの「 スイセン 」の花 [デジカメ_花]

DSCN1530_R.JPG
 昔は、この花より、もっと立派な「 ラッパ 」を持ったスイセンがたくさん咲いていて、そのまま「 ラッパスイセン 」なんて呼んでいたものです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー