So-net無料ブログ作成

渡部昇一の言葉(その18) [渡部昇一]

『 男の歩み 』  私の体験からも言えるが、男というのは、いろんな面で、非常にゆっくり成長するものだ。だから、同じ年頃で、女の子の方が利口だったり世間知があるからといつて、劣等感を持つ必要はまったくない。男は、仕事にもまれたりしているうちに、ゆっくりだけど着実に伸び続ける。男盛りと言って五十歳前後になってから、やっと男としての張りが出る。 ( 渡部昇一 一日一言 1月20日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

何度か掲載した「 スイセン 」ですが・・。 [デジカメ_花]

IMG_4590_R.JPG
 何度か掲載した「 スイセン 」ですが、見直していて目にとまったので、掲載しました。背景が面白いのかもしれません。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その17) [デジカメ_花]

『 男は鉄、女は黄金 』  私は常々、「 男は鉄のごとし。女は黄金 ( こがね ) のごとし 」と言っている。男性は放っておくと周りに流され、ついぐうたらになって錆てしまうこともあるが、ひとたび鍛えはじめると、強靭な鋼になる可能性を秘めている。そして「 鋭利鍪を断つ 」という日本刀にもなる。これに対して女性は黄金のようなもので、鉄とは違って放っておいても錆びることはないけれども、鍛え方によって、鉄が鋼になるような劇的な差が出るものではない。 ( 渡部昇一 一日一言 1月19日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

ショッキングピンクの花 [デジカメ_花]

IMG_4490_R.JPG
 名前がわからなかったので掲載してましたが、捨てがたいので掲載しました。(ピンとも少し合っていなかったし・・)

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その16) [渡部昇一]

『 信念をもって留まる 』  長い人生の間には、あれかこれかの選択をしなければならない時が必ずくる。そんな時、ただズルズルと選択を曖昧にしたままだとチャンスは訪れない。幸せはなかなかつかめない。  どちらかに ” エイヤッ ” と断固として決める。以前の状態に留まるなら、留まると決意する。信念を持って留まれば、これは積極的な留まり方だ。 ( 渡部昇一 一日一言 1月26日 )

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 シャラ 」の仲間の紅葉 [デジカメ]

IMG_4469_R.JPG
 少し前に撮ったものですが、「 シャラ 」の仲間と思われる木の、おもしろい色の紅葉です。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その15) [渡部昇一]

『 断固として行う 』  どこかで決然と、断固として始める。それが何をやるに当たつても大切なことだ。  始めなければ何も始まらないのである。ただただ時間に流されていては、何かを成すことはできない。のつベらぼうの、それこそ会社と自宅を往復するだけの人生で終わつてしまう。 ( 渡部昇一 一日一言 1月25日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

ピンクの少し小さなバラ [デジカメ_花]

IMG_4667_R.JPG
 似た種類のバラはありますが、花びらの付き方が少し違っています。素朴な感じが良いですね。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その14) [渡部昇一]

『 日本人の偉業② 』  二十世紀の初めには人種の不平等は当然であり、むしろ正義であると思われていた。しかし、二十一世紀の初めには国といえないような小国でも大国と平等に発言するようになっている。この変化をもたらした原動力が日露戦争の勝利と、敗れはしたがそれに続く大東亜戦争です。すなわち、日本人の血と涙と汗の結晶以外の何ものでもない。 ( 渡部昇一 一日一言 1月24日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

白い「 サザンカ 」に 光り [デジカメ_花]

IMG_4711_R.JPG
 白い「 サザンカ 」に 光りがあたり、いっそうきれいに見えました。( 大坂なおみへのインタビュー記事を読んで、短い言葉でも、他の選手への気遣いやユーモアも感じる受け答えに、感心しました。このブログの記事も、もう少し気の利いたコメントを書かなくちゃ、5歳どころじゃないですね )

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その13) [渡部昇一]

『 日本人の偉業① 』  白人は別格だと、有色人種が迷信のように思い込んでいたものを、日本は戦前は軍事力で、戦後は経済力で突き崩して見せた。日本人が二十世紀においてやりとげたのは、人種の基本的平等の実証であった。これこそが来たる二十一世紀の世界を動かす公理である。 ( 渡部昇一 一日一言 1月23日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

やっと撮れた「 ヒイラギナンテン 」の 花 [デジカメ_花]

DSCN5148_R.JPG
 この冬は、なかなかキレイな「 ヒイラギナンテン 」の 花が撮れませんでしたけど、出かけた先でようやく撮れました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その12) [渡部昇一]

『 臆病な理由 』  引け目があると人間は臆病になります。だから、引け目のないような人間になっていることが重要なのです。なぜ自分がこんなにびくびくしているのかと考えて、その理由がわかったら、それが特に道徳的な理由にもとづく時は、いち早くそれを除去しなければならない。多くの人たちが臆病な理由は、本当は悪いことをしているからだという場合もかなり多いのです。 ( 渡部昇一 一日一言 1月14日 ) 

共通テーマ:趣味・カルチャー

こんどは、ピンクの「 寒椿 」の つぼみ( 咲きかけ ) [デジカメ_花]

IMG_4705_R.JPG
こんどは、ピンクの「 寒椿 」の 咲きかけです。

共通テーマ:趣味・カルチャー

ピンクの「 寒椿 」 [デジカメ_花]

IMG_4704_R.JPG
 ピンクの「 寒椿 」だと思います。葉の奥で隠れるように咲いていました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その11) [渡部昇一]

『 金持ち喧嘩せず 』 「 金持ち喧嘩せず 」というのは、少しからかわれたくらいでは動じないプライドを持っているからだ。自分が軽蔑されているはずがないという自信があるから、ちょつとのことで腹を立てたりしない。お金持ちに限らず、本当に自信のある人ほど謙虚で、自言のない人ほどエゴが強いということは、人間に普遍的なことのように思う。 ( 渡部昇一 一日一言 1月13日 ) 
※ 一見、「 すぐに腹を立てる人は、金持ちでない 」と言ってるのかと思って、自分がすぐに腹を立てるのは、確かに金持ちではないからなのだと納得してしまいそう。(さすがに喧嘩はしませんが・・ )

共通テーマ:趣味・カルチャー

濃いピンクの「 サクラソウ 」 [デジカメ_花]

IMG_4713_R.JPG
 濃いピンクの「 サクラソウ 」( の仲間? ) が咲いていました。道路から離れたところにはたくさん咲いていましたが、よく撮れないので諦めました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

赤い「 アシビ( 馬酔木 ) 」の つぼみ [デジカメ_花]

IMG_4435_R.JPG
 1月以上前に撮影したものですが、掲載しました。赤い「 アシビ( 馬酔木 ) 」の つぼみですが、花は白の可能性が高いです。( ピンクのアジサイは少ないので・・ )

共通テーマ:趣味・カルチャー

道端の「 ハキダメギク 」 [デジカメ_花]

IMG_4716_R.JPG
 この寒空の道端で「 ハキダメギク 」が咲いていました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

渡部昇一の言葉(その10) [渡部昇一]

『 客観的な生き方 』  「自立自存」にしろ「独立自尊」にしろ、これは悪くいえば、わがまま勝手に生きていけ、ということである。しかし、人間は自分一人で、すなわち主観だけで生きていけるものではない。主観的な生き方があると同時に、自分が生かされている社会や国家のことを常に考えるベきである。 ( 渡部昇一 一日一言 1月3日 )

共通テーマ:趣味・カルチャー