So-net無料ブログ作成
読んだ本 ブログトップ
前の20件 | -

日本人へ リーダー篇 (文春新書) 塩野 七生 (著) [読んだ本]


日本人へ リーダー篇 (文春新書)

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

  • 作者: 塩野 七生
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/05/19
  • メディア: 新書


 しばらく前から、塩野七生氏の著書を読んでいるのだが、この「 日本人へ シリーズ 」 は多くの事を学びました。歴史を学ぶことがいかに大事かも知らされました。「 日本人へ シリーズ 」で読んだのは、まだ2冊ですが、こちらは特にお勧めです。( 日本人へ シリーズ 3冊目注文済 )

共通テーマ:趣味・カルチャー

偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273) 新書 [読んだ本]


偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273)

偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273)

  • 作者: 長谷川熙
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2018/02/26
  • メディア: 新書


 1年ほど前に出版されたものですが、元朝日新聞に所属していた長谷川熙氏の著書です。長谷川氏の著書は読んだことがありませんでしたが、読後に、朝日新聞にもこんなに立派な方がいたんだと、感心しました。( 読んだ後は、マスコミや官僚などなど、益々ウンザリしますけど・・ )

共通テーマ:趣味・カルチャー

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】 – 2019/3/1 [読んだ本]


今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

  • 作者: 百田尚樹
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2019/03/01
  • メディア: 文庫


 昨日届いたばかりで、まだ少ししか読んでません。1月前から予約していた本です。単行本の方は読んでなかったので、加筆・追記等された文庫版がいいタイミングで出版されました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

『 日本のIT産業が中国に盗まれている 』深田 萌絵 (著) [読んだ本]


日本のIT産業が中国に盗まれている

日本のIT産業が中国に盗まれている

  • 作者: 深田 萌絵
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2019/01/17
  • メディア: 単行本


 1月18日に届いて、まだ半分しか読んでませんが、” 驚くべき内容 ” の為、読了前に少しでも多くの方に読んでいただきたいと思い投稿しました。シャープや東芝・エルピーダの問題が、どういうものだったかが理解できた気がします。ファーウェイの件も、これを読むと理解できます。著者も出版社も、相当の「 決意 」をもって発行されたのではないかと思います。( 百田直樹氏の「日本国紀」もそうですけど・・ 現在65万部) ※ 以下の画像は、深田萌絵氏のBlogからです。
日本IT中国H310118.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 一冊まるごと 渡部昇一 」読了!! [読んだ本]


一冊まるごと渡部昇一 (知の巨人の遺した教え)

一冊まるごと渡部昇一 (知の巨人の遺した教え)

  • 作者: 渡部昇一
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: 単行本


 「 一冊まるごと 渡部昇一 」読了しました。この中で紹介された本と、対談相手の本の2冊を注文してしまいました。読んだら、投稿します。( 予定 )


共通テーマ:趣味・カルチャー

「日経新聞」には絶対に載らない 日本の大正解 [読んだ本]


「日経新聞」には絶対に載らない 日本の大正解

「日経新聞」には絶対に載らない 日本の大正解

  • 作者: 高橋 洋一
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2017/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 高橋洋一氏の著書は何冊か読んでますが、この本はそれらの「 要約本 」のようで、世の中の「 フェイクニュース 」55項目について、「 惑わされないための武器 」とされていて、大変わかりやすい本です。

共通テーマ:趣味・カルチャー

実践・快老生活 (PHP新書) 読了!! [読んだ本]


実践・快老生活 (PHP新書)

実践・快老生活 (PHP新書)

  • 作者: 渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/10/15
  • メディア: 新書


 渡部昇一氏が亡くなる半年ほど前に発行された書籍ですが、予想i以上の多くの事を知り、発見もしました。「 快老生活 」とのことですが、いわゆる65歳以上の老後を迎える前に読むのがベストかもしれません。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 ハードワーク 」読了! [読んだ本]


ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング (講談社+α文庫)

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング (講談社+α文庫)

  • 作者: エディー・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: 文庫


 ラグビー全日本の元ヘッドコーチ エディー・ジョーンズ氏の著書で2016年に出版された単行本を加筆修正して2018年に出版された文庫本です。元日の午後、たまたまEテレ(NHK教育)で、数か月前に放送された番組( 奇跡のレッスン ラグビー エディージョンズ編(前・後編) )を見て、改めて、指導者の重要性を知り、購入して読みました。( 3日の午前中だけで読了 )  ※この番組はYOUTUBEにアップされていました。


共通テーマ:趣味・カルチャー

「 アベノミクスとTPPが創る日本 」読了!! [読んだ本]


アベノミクスとTPPが創る日本

アベノミクスとTPPが創る日本

  • 作者: 浜田 宏一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 5年ほど前に出版された本ですが、いわゆる「 アベノミクス 」や「 TPP 」について、何も知らなかったので読んでみました。浜田宏一氏の著書はわかりやすく、経済等について「 初心者 」でも、なんとなくわかります。世間の多くの学者やマスコミ(マスゴミ?)が反論・批判してるようですが、現実の成果を見れば明らかなのに、正当に評価できない人々は、どこの国の人なのかと思います。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 グローバル・エリートの条件 」浜田宏一 [読んだ本]


グローバル・エリートの条件

グローバル・エリートの条件

  • 作者: 浜田 宏一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/01/27
  • メディア: 単行本


 4年ほど前に出版された本ですが、浜田宏一氏の著書の中で、目を引いたので購入して読みました。安倍晋三氏と同じように大きな挫折を乗り越えてきた人であり、「 グローバル教育 」が叫ばれるなか、真のグローバル教育とは何かを考えさせられました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「日本国紀」の副読本 読了!! [読んだ本]

日本国紀副読本広告_R.jpg
 「日本国紀」の副読本は昨日読了しました。先の投稿で「 隠しテーマ 」と書いたのは、副読本に書かれた3つの隠しテーマにかけました。( 画像は、有本香氏のツイッターから、新聞広告の画像 )

共通テーマ:趣味・カルチャー

「カエルの楽園」が地獄と化す日 [読んだ本]


「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日

  • 作者: 百田尚樹
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 少し前に読みましたが、内容が「 強烈 」というか、初めて読んだら「 ショックが大きい 」と思われる箇所がありますので、読むときは覚悟して読んでください。私は、以前石平氏他の著書で知っていた内容でもあり、そんなに驚くことはありませんでしたが、歴史の事実として知っておくべきかとは思います。( 掲載をひかえていましたが、掲載することにしました )

共通テーマ:趣味・カルチャー

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 [読んだ本]


「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 (産経セレクト S 13)

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 (産経セレクト S 13)

  • 作者: 百田尚樹、有本香
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: 新書

 本日発売の本書ですが、26日から東京や神奈川の書店では店頭に並んでいたとのこと。もし、今日届かなければ、出版社に文句を言いたいところでしたが、ギリギリ、午後5時過ぎに届きました。百田氏は先週、40年前の鼻の骨折の手術をしたようですが、帯の写真を見て「 確かに鼻が曲がっている!! 」と思いました。明日から、読みます。( 今日も注文した本があるので、大変です。)


共通テーマ:趣味・カルチャー

「 世界が日本経済をうらやむ日 」 [読んだ本]


世界が日本経済をうらやむ日

世界が日本経済をうらやむ日

  • 作者: 浜田宏一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2015/01/31
  • メディア: 単行本


 4年ほど前に出版された本ですが、「 経済 」の事は全く何もわからなかった私ですが、なんとなく、ぼんやりとした感じですが、少し見えてきました。いわゆる「 アベノミクス 」についても、今になってですが、少しわかりました。安倍総理が、多くの反対者がいる中で、浜田宏一氏等の意見に沿って政策を実行したことが、大きな成果となっていることも理解できました。( 今なお、多くの反対者がいる理由も少しわかりました )

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 子どもの脳を傷つける親たち 」 [読んだ本]


子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

  • 作者: 友田 明美
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 新書


 最近、政治や経済関連の書籍を多く読んでいますが、もともとは「 教育 」への関心が強い私です。そこで、偶然見つけたのが本書ですが、多くの事を知りました。マルトリートメント・ネグリクト・愛着障害などなど。ずいぶん昔に「 テレビに子守をさせないで 」( こんなタイトルだったと思います )という本を読んだ記憶がありますが、この本は、それよりはるかに「 衝撃的 」な内容でした。(あまり大げさな言葉は使いたくないのですが・・)多くの人( 特に小さな子を持つ親・女性 )に読んでほしい1冊です。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 日本国記 」7刷決定 累計55万部 [読んだ本]


日本国紀

日本国紀

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/11/12
  • メディア: 単行本



 「 日本国記 」が、7刷決定で、累計55万部になるそうです。家族で2冊・3冊と購入している人もいるようです。副読本も今週発売ですが、年内に届くかしら(?) ※注文していた古本3冊は本日届きました。残り1冊と「 日本国記 副読本 」。( 購入候補も 数冊 )

共通テーマ:趣味・カルチャー

米中「冷戦」から「熱戦」へ( 1/3 読みました ) [読んだ本]


米中「冷戦」から「熱戦」へ (WAC BUNKO 289)

米中「冷戦」から「熱戦」へ (WAC BUNKO 289)

  • 作者: 石平
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: 新書


 緊急出版されたという本書。発売(12/19)前に予約したのが、本日お昼過ぎにようやく届きました。1/3 程読み終えましたが、読み終える前に、「 オススメ投稿 」します。現在の米中状況を明確に教えてくれます。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「 ゼロ戦 と 日本刀 」渡部昇一・百田尚樹 [読んだ本]


ゼロ戦と日本刀 (PHP文庫)

ゼロ戦と日本刀 (PHP文庫)

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/02/04
  • メディア: 文庫


 ずいぶん前に、渡部昇一氏の「 知的生活 」に関する本は読んだ記憶があり、名前は知っていましたが、なぜかその後、読む機会がありませんでした。今後、近年の著書を中心に、読んでいきたいと思います。


共通テーマ:趣味・カルチャー

日本よ、咲き誇れ [読んだ本]


日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264)

日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264)

  • 作者: 安倍晋三
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2017/10/05
  • メディア: 新書


 「 日本よ、咲き誇れ 」2日間で読了。 数年前発行の書籍ですが、私にとっては、最高のタイミングでの出会いだと感じました。下記の歌もこの本で知り、YOUTUBEで拝聴しました。 桜よ ~大好きな日本へ~(字幕版).mp4 インドネシアで日本語を学ぶ大学生たちが、大好きな日本のために歌を作りました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 ( 再掲載 ) [読んだ本]


「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

  • 作者: 百田尚樹、有本香
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: 新書


 少し前に掲載しましたが、表紙画像 ( 書影 ) がアップされたので、再掲載します。    「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | - 読んだ本 ブログトップ